11 月<< 2018年12 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>01 月
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


    にほんブログ村 海外生活ブログ 日系人・日系社会へ     にほんブログ村 ボリビア情報
前回の「建もの探訪」家さがしの続編です。

さて、壁が明るい黄色のちょっと小奇麗な一つのお部屋を発見しました。

目の前の植木もなんとなくおしゃれに見えます。

お部屋は4m×4mくらいの広さ、バス・トイレは共用。

お値段は1か月280Bs.(約4200円)で水道、電気代込というものです。

以前は東京で10畳ワンルームで7万5千円の部屋に住んでいたので、それに比べると大分安いですね!

なんだか魅力的な条件に思えます!

ただ、中はこんな感じです。


IMG_0223.jpg


殺風景。。

天井からぶら下がっている針金がまたその雰囲気つくりをお手伝いしています。

でも家が無くてはどうにも始まらないという焦りも少しあります。

契約書も交わすことなく、大家さんとの話だけで申し込み、さっそく部屋が使えるようになりました。

あとの課題はいかに快適な部屋を作り上げるかということに。

ここは思い切って部屋の素材を生かそうということで、針金とそこら辺から木の棒を手に入れアレンジ家具作り。



IMG_0228.jpg


「なんかいい雰囲気なんじゃない!?」とあっという間に自己満足です。


スポンサーサイト


    にほんブログ村 海外生活ブログ 日系人・日系社会へ     にほんブログ村 ボリビア情報
海外に住むに当たり、やはり気になるのが住宅事情ですね。

住めば都といいつつも、やはりいい部屋に住みたいもの。

どんなにつらいことがあっても家に帰ればリラックス、なんていう素敵な物件が発見できたらうれしいですね。

日本では不動産屋さんを訪ねるか、インターネットで探すかして、簡単に見つけることができます。

しかも引っ越す予定が無くても、インターネットで物件検索なんかするとそれだけで面白い。

しかし、オキナワでは事情が異なります。

まず不動産屋さんというものが存在しません!

なので人づてを頼りに聞き込みで探すか、自分の足で村を歩き回り、良さげな物件の大家さんに直接尋ねるという、まるで宝探しのような方法をとるしかありません。

しかも、貸物件がそれほどたくさんありません。。。 貸物件の需要がそんなにないんですね。

なのでちょっと良さげな物件が見つかれば、誰かに取られる前にいそいそと交渉して入居という形です。

まるでやどかりのような、いきあたりばったりの住宅事情です。

そんな中見つかったこの部屋。

建物1

パッと見キレイ!

はたして住めば都になるのでしょうか!?


    にほんブログ村 海外生活ブログ 日系人・日系社会へ     にほんブログ村 ボリビア情報
 

プロフィール

horimar

Author:horimar

スペイン語となぜか沖縄弁!?
奇想天外・摩訶不思議なオキナワ生活。
オキナワ生活3年で少したくましくなったかな!?
実際の生活の様子をお伝えします。

 

検索フォーム

 
 
 
 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。